RECRUIT 採用情報

FUNERAL STAFF MIND フューネラルスタッフの想い

近畿フューネラル第1事業部大谷 貴信

感謝の言葉を頂いた時、
この仕事の喜びを感じます。

「本当にありがとう。故人も喜んでくれていると思います。」「来てくれた親戚が今までで一番いいお葬儀だったと言ってくれた。」等こういったお言葉を頂いた時、この仕事の喜びを感じ、お客様には見せられませんが心の中で大きくガッツポーズをしています。ご依頼を頂いてから2~3日で儀式は終わってしまいますが、その限られた時間の中でどれだけお客様の事を知る事が出来るか。どれだけ私の事、典礼会館の事を知って頂く事が出来るかが私の仕事の勝負所です。

新大阪 典礼会館 大谷 貴信

周南典礼会館坂本 賢栄

喜んで頂くだけではなく
アドバイス出来る存在に。

私は常々お客様から「ありがとう」と言って頂ける葬儀を目指すのでは無く、故人様の事・喪家様の事・会葬者様の事を考えた行動の積み重ねが結果「ありがとう」に繋がってくると信じています。そして葬儀は単なる悲しみの場ではなく、故人様を通して命の事・人との出会いに触れ合う場だとも考えています。これからもお客様に喜んで頂くだけではなく普段不慣れな儀式としての葬儀の事を同時にアドバイス出来る存在になりたいと思っております。

周南典礼会館 坂本 賢栄

高槻典礼会館藤本 和也

真摯に取り組む事が自身の成長に繋がる。

私はまず仕事を楽しむようにしています。フューネラルという決して明るい業界ではないと思いますが、お客様と数日間近くで対話し、サービスを行ない、儀式を執り行う中で直接感謝の言葉を頂けるのはサービス業の特権だと思います。そのことが何よりのやりがいであり楽しみであります。葬儀という仕事は非日常の場面が多く中で起こる問題に真摯に取り組む事が自身の成長に繋がると信じています。仕事は楽しく、そして仕事が出来る事への感謝を忘れずにいたいと思います。

尼崎典礼会館 藤本 和也

下関典礼会館藤田 泰子

心に残るお別れができるように努めて参ります。

葬儀は一生に一度だけの最期のお別れの場面となります。その大切な儀式を満足して頂けるように、ご家族の想いを形にできるようなご案内をするように心掛けております。また何を不安に思っていらっしゃるかをよく聞き、喪主様の心の負担を少しでも和らげる事ができればと思います。故人様に対する想いはそれぞれ違いますので、皆様の気持ちを汲み取るのは難しいことですが、心に残るお別れができるように努めて参ります。

山口典礼会館 小山 泰子

倉敷典礼会館森近 守

心のケアをしていく事が私の使命。

物品を提供し準備する事が私の仕事ではなく、大切な方をお見送りされる喪家様の悲しみや辛さ、そういった心のケアをしていく事が私の使命だと想い、18年間 お客様と同じ空間の中で、1件1件のお葬式を大切にお手伝いさせて頂いております。お葬式はお別れの場ではありますが、「縁」が有り縁(ゆかり)の方々が集う儀式です。遺族・親族様だけでなく、ご参列される皆様の心に残る儀式をこれからも提供し続けます。

京都典礼会館中藪 稔晃

全てのお客様に満足して頂く事。

全てのお客様に満足して頂く事が私のモットーです。愛グループに入社後、ブライダルを経験してフューネラルの仕事に就きました。職種が異なりましても、お客様への思いは変わりません。ご依頼をいただいてから当日まで僅かな日数ですが、お葬式という悲しみの場ではなく人との出会いに感謝し、ご当家の気持ち・想いを『かたち』に変える。『感謝の気持ち』と『ありがとう』をテーマに努めてまいります。

新大阪典礼会館坂本 信之

「お客様満足のその先にあるもの」。

感動を伴う満足の提供が私の理念であり、目指すべき考えです。近年、葬儀の形態は多様化が劇的に進行し、多くのスタイルが生み出され通り一辺倒ではなく、様々な方が様々な考えを元に葬儀の依頼にいらっしゃいます。お客様の意見を充分に尊重し可能な限り、最高のお別れの場を提供出来る様心掛けています。どの様なニーズにも対応できる柔軟な思考力・提案力・行動力を日々磨き、全てのお客様に感動伴う満足を提供できるスタッフになれるよう日々精進しております。

京都典礼会館船越 泉美

葬儀はお見送りをするだけの場ではなく、人との新たな繋がりの場だと感じます。

儀式に携わる者としていつも心掛けている事は「人と人との繋がりを大切に」と言う事です。私はお客様と葬儀を通して故人様をお見送りする事で終わりではなく、そこからお客様とのお付き合いが始まると思っています。大切な方を亡くされた後の色々な相談やご遺族に寄り添い、立ち直るお手伝いをさせて頂く事から生まれる信頼関係がなによりも大切な事と思っています。忌明けが終わり頂く「ありがとう」が私の喜びです。

笹沖典礼会館青江 裕代

今お客様が何を望んでいらっしゃるか、どうしたら満足してくださるか。

私は、「今お客様が何を望んでいらっしゃるか、どうしたら満足してくださるか」お客様の事を一番に考え、お仕事をさせて頂いております。お客様はもちろんの事、一緒に働くスタッフの方にも、常に感謝の気持ちを忘れないよう心掛け、日々勉強させて頂いております。人間として自分自身の成長へと繋げていけたらと思います。

浪速典礼会館吉野 宜子

身近な親しみのある存在でありたい。

会葬に来られた方の中から「吉野さん、お世話になりました」と、以前に担当させていただいた喪家様から声をかけられ覚えて下さっている事に嬉しく思う事があります。お葬儀の最中はご説明しながら進行する為、滞りなく終了するものですが、お葬儀直後からは喪家様ご自身でさまざまな事をしていかなければいけません。何をどうすればいいのかわからない事もたくさんあると思います。そんな時に典礼会館のこの人に聞けば、お願いすればいいんだと思ってもらえる身近な親しみのある存在でありたいと思います。

大曲典礼会館佐々木 悠

お客様と同じ目線に立って。

日頃より、お客様がどのようなご葬儀をお望みなのか、また、どのように送ってさしあげたいのか、お客様のご希望に添えるご提案できるよう心掛けております。ご葬儀に慣れておらず、悲しみと不安を感じていらっしゃるお客様に寄り添い、葬儀後に「あなたが担当で良かった」と仰って頂ける様、これからもお客様と同じ目線に立ってご葬儀のお手伝いをさせて頂きたいと思います。

山陽典礼会館山本 真知子

お客様それぞれに合わせたご対応を心掛けております。

お客様があまり経験の無いお葬儀という儀式に際し、お客様のご相談相手として、頼りにされるよう、また、お客様のご要望もそれぞれですので、お客様それぞれに合わせたご対応を心掛けております。お葬儀という慣れない状況でのお客様のご不安をできるだけ少なくするのも私どもの役割だと思っております。

愛グループのフューネラル事業

  • 典礼会館
  • 青山会館
  • 合掌堂