シャングリラ・施設の特徴について

お客様・入居者様が明るく元気で過ごしスタッフがいきいきと働く施設です

シャングリラについて

シャングリラとは「理想郷」を意味します。

瀬戸内海国立公園の美しい風景と関門橋を眼下に望む高台にあって開放感のある多目的室・レクリエーションルーム・大浴場などの充実した設備や、デイサービス・居宅介護支援事業所・訪問介護事業所などの支援体制により、入居いただく方、お一人おひとりの個性を尊重し、安心に満たされたシルバーライフをお過ごしいただける施設です。

シャングリラの特徴

毎日が森林浴、雄大なロケーション

眼下に広がる関門海峡にゆったりとした時の流れを感じることができ、山からの新鮮な空気が気持ちのよいロケーションに心も和みます。

● 眺めのよい大浴場で ゆったりリラックス

健康によいといわれ温浴効果を高める「麦飯石」を使用した自慢の大浴場は、身も心もリラックスしていただけるゆとりの空間。バリアフリー対応で、どなたも安心して入浴をお楽しみいただけます。

栄養管理の行き届いた『美味しい』食事

栄養士によるバランスのとれた食事は、利用される方にとって、毎食楽しみにしてもらえるよう通常食も介護食も美味しいと感じていただけるメニュー作りを目指しています。

充実の施設、季節ごとの多彩なイベント

利用される方に笑顔と元気があふれるよう、日々のレクリエーションから季節を楽しむイベントまで、設備の整った環境でスタッフと一緒に楽しい時間をお過ごしいただけます。