HARD×SOFT×MIND スタッフ紹介

仕事に自信と誇りを持つ事。そして ビジネスマンであれ。

PROFESSIONAL

ノートルダム宇部

土山 敦司(入社13年目)

河上 正吾

現在の仕事

今は 式場支配人として 従事しております。現在の私の役割は 今までの経験を部下に伝え、結婚式の本当の意味を伝え この仕事に自信と誇りを持たせる事だと考えております。 そして ビジネスマンの集団を作る事です。現在の業界は少子高齢化の波にのまれ、厳しい時代に突入しております。そんな時代を勝ち残る為にサラリーマンではなく、各自が経営的センスを養い ビジネスマンとして運営していく時代でもあると考えます。そんな 勝ち残れる集団を作っていくのが 式場支配人の仕事だと確信しております。

写真

愛グループをふりかえって

入社来13年、沢山の経験を積ませて頂きました。 その中でも大きな経験は、岩手県盛岡市の式場で、4年前の東日本大震災を経験した事です。 当時結婚式どころではなく、自分達の出来る事は何か自問を続ける日々でした。 震災から3か月経ち、新幹線の復旧とともに 結婚式を挙げる方が少しずつ戻り始めた時、当時担当した披露宴で 経験した事が今でも鮮明に残っております。それは、新郎謝辞での一言でした。亡くなった友人の葬儀も出来ないまま 自分たちの挙式を挙げる事に思い悩んでいたが、今日、友人が集まり その友人の思い出を皆で語る事が出来きて本当に良かったと。結婚式の持つ力に改めて気付かされた経験でした。

写真

今の目標

現在 会社は設立から43年が経ち、会社としてまた業界の流れも含め 第二創世記に入っております。設立時 20代だった今の経営幹部達の勇退に伴い、これからは私も含め今の幹部が 会社を牽引していく時代に突入しております。 今では業界のトップランナーとなった 愛グループが、これからの冠婚葬祭の新たなパイオニアにならなければなりません。 業界で1位を取るだけではなく 業界を牽引していく会社にしていく  そんな一員になる事です。

写真
人材育成ページに戻る